SEIBU TSUNAGU PROJECT

織物文化をつなぐ 珈琲とともに楽しむグアテマラの民族衣装を使った織物作品作り

体験所沢

珈琲とともに楽しむグアテマラの民族衣装を使った織物作品作りイベントが実現
江戸後期から昭和にかけて織物の町として栄えた歴史のある所沢。その所沢の地でアジア・中南米・アフリカの民族衣装や伝統布を使ったエスニックテイストの布バッグを制作・販売する「きびるアクション」とのコラボ企画、「織物文化を学ぶ グアテマラの民族衣装を使った織物ワークショップ」を実施します。会場は西所沢駅より徒歩2分、西武鉄道の電車が見えるカフェ「西乃処珈琲」です。

【開催日時】
2022年12月4日(日)
13:45-14:00
受付・入場開始
14:00-14:20
所沢織物の話(グアテマラ織物の実演付き)
14:20-15:00
グアテマラの民族生地を使ったコースターづくり
15:00-15:50
グアテマラ珈琲・ケーキタイム、中村靖子講師によるトークセッション(30分程度)
トークテーマはグアテマラ珈琲と珈琲農園の労働者衣装、マヤ織物など

【会場】
「西乃処珈琲」
西武池袋線・狭山線西所沢駅より徒歩2分

【料金】
参加費:1人 ¥2,500(税込)
当日は1ドリンク1ケーキを別途料金でオーダーいただきます。
ドリンク・ケーキメニュー例:本日の珈琲 ¥550/ガトーショコラ¥ 550(税込)
※その他メニュー詳細は予約サイトからご覧ください。

【SEIBU PRINCE CLUB会員特典】
「所沢織物の歴史をもっと暮らしの身近なものに」という想いから作られた所沢織物の伝統的な柄がデザインされたマスキングテープ tokoriを一組一つプレゼントいたします。
※tokoriの売上の一部は所沢織物復元活動へ献納されています。

定員に限りがあるイベントです。お申込みはお早めにどうぞ!

SEIBU PRINCE CLUB会員さまのご予約はこちらから
一般のお客さまのご予約はこちらから

〇メイン企画
特別講師によるグアテマラ織物の実演を通じて織物文化を学び、グアテマラの民族衣装を使ったコースター作りを行うワークショップを実施します。当日は仕上げの手前まで作業をおこない、裁縫工程は後日講師が実施し完成品をご指定のご住所へ発送いたします。

さらに、以下の企画も実施します。

〇特別企画
きびるアクション×西乃処珈琲の特別企画として、ワークショップの後にグアテマラの民族衣装に合わせたグアテマラ珈琲とケーキをご注文いただけます(別のお飲み物のご用意もございます)。また特別講師によるグアテマラのコーヒー農園の労働者衣装紹介、マヤ織物などをテーマとした、織物に関するトークセッションを実施します。珈琲とケーキとともに楽しく優雅なひと時をお楽しみください。

〇イベント後企画
きびるアクション×西武鉄道のイベント後企画として、当日のイベントの様子を所沢駅でパネル展示いたします。所沢のまちの成り立ちに関わる織物文化や現在の活動を、駅を通じて多くの方へ発信します。

 

 

 

きびるアクション 紹介>
2013年、所沢に開業。アジア・中南米・アフリカなどの民族衣装や伝統織物をつかったバッグを制作販売。屋号の「きびる」は、クリエイターの故郷・博多の方言で「結ぶ」という意味。モノづくりを通してつながる人や町、さまざまな国の伝統をクロスさせながら、ストーリーのある作品を制作。販売イベント企画、SDGs活動にも力を入れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

<特別講師 中村靖子 紹介>
織物教室「STUDIO TESSILE」主宰。約8年間のイタリア滞在中にグアテマラの織物に出会い、イギリス、バルト三国、ベトナム、ポーランド、アメリカなどへ織物を求めて旅に出る。2010年にはじめて中米グアテマラへ。織物の技術習得と収集のため2020年まで毎年通う。グアテマラ・マヤ織り研究会、織物文化を次世代に継承する「ARTEORI」でも活躍中。

 

 

 

 

 

 

西乃処珈琲 紹介>
2021年7月開業、西所沢駅より徒歩2分の一軒家カフェ。片手鍋で直火焙煎し熟成させて飲み頃になった珈琲豆をフレンチプレスで淹れるコーヒーと厳選素材の手作りスイーツが大人気。窓越しに西武線を眺めながら寛げる店内ではライブや様々なジャンルのワークショップも開催され、人々が繋がり合う場として親しまれている。

※イベント内容は、予告なく変更となる場合がございます。
※写真はイメージです。

一覧へ